2017年10月19日

“あなただけの工法"

こんにちは。構造設計室の森尾です。
朝晩だいぶ涼しくなり、秋を感じるよい季節となりました。

しかし、たまには寒すぎたり、今週末には台風の可能性が・・・と予報があったりで

寒暖の差も激しいので皆様体調管理には十分お気を付けください!


さて先日、弊社構造設計室主催で耐震補強の現場見学会を行いましたのでその模様を

少しご紹介します!

“耐震補強”とは人で考えると、骨にヒビが入ったり折れてしまったときは添え板やギプスをつけますよね。

若返ったり、元の状態にもどるわけではないですが元気に暮らせるように支えるようなイメージです!

地震が起きた時に建物の骨組みが揺れに対応できるように、人命確保のため古い建物(旧基準:S56年以前)には

ギプス(耐震補強)が必要になってきます。


構造2017.10-1.jpg


実は“耐震補強”とひとくちに言いましても様々な工法があるんです。

建物を調査して診断を行い、建物の個性に合った補強で建物を使用される方の

使用スタイルにあわせた工法を選定していきますので“あなただけの工法”となるわけです。

なんだか、保険のプラン案内みたいですね♪


今回見学会を行った東条設計にて補強設計させて頂いた鹿児島大学工学部環境化学プロセス工学科棟は、

耐震補強工事をしている最中でも建物を使用したいとの要望で “居ながら補強ができる工法” を選定しました。

ということで

外回りの足場からを見学している間も、建物の中は使用されているとうわけです。


構造2017.10-2.jpg

(弊社の池田と現場担当者による技術的な詳細説明により若手スタッフも興味津津です)


建築も世の中の流れに寄り添うように様々な工法や技術が開発されておりますので、

私達も、お客様に感動していただけるよう日々精進してまいります!


以上!


“あなただけの工法”をご提案させていただいている構造設計室の森尾でした〜






posted by 東条設計 at 15:08| 鹿児島 ☁| 東条設計・日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

GTC便り(10月)後期委員活動スタート!

こんにちは。GTC委員長の池田です。
10月16日より後期GTC委員の活動がスタートしました!

新しい委員で来年3月末まで頑張ります!

では早速、心に残ったGTCを紹介します。
まずは、9月26日 東条ファミリーに新しい家族が加わりました😃🎶


ひなチャン@.jpgひなチャンA.jpg

そうなんです。高野瀬家に妃菜ちゃん誕生です

家族忘年会で会うのが楽しみですね

hina チャン2017.9.26BD.jpg


次は 先日行われました前期GTC総会に対してのGTCです!

総会@.jpg総会A.jpg総会B.jpg

前期委員のみなさま、気づきを高めていただき有り難うございました

総会1.jpg総会2.jpg総会3.jpg

総会の模様・・・ 熱いトーク?!で団結しました

(一番右端の写真は G・T・C を全身で表現?!)

最後に私が東條会長からいただいたGTCを紹介します!

GTC会長より.jpg

ご助言いただき有り難うございますm(_ _)m

今後もGTC委員長として気づきを高められるよう頑張ります

以上で今回は終わります!

次回もお楽しみに〜⚽

続きを読む
posted by 東条設計 at 20:15| 鹿児島 ☁| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エヌカンパニー保養所 現場より

4月に起工式が執り行われた「エヌカンパニー保養所」ですが、
(起工式の様子はコチラから→http://tojo-blog.seesaa.net/article/448713557.html

いよいよ1階が形になってきました

本建物は、エヌカンパニー様の社員間のコミュニケーションの促進を目的とした保養所です。
保養所と一口に言っても、オーナーこだわりである「和」のデザイン要素を取り入れ、
見どころがあふれる建物です

まずはアプローチ。

s_写真 2017-10-17 10 18 57.jpg

養生がしてあるためはっきりとお伝えできないのが残念ですが、
木目調の天井に石張りの柱で、重厚感のあるデザインとしています。

s_写真 2017-10-17 10 09 04.jpg

そして研修室へ向かう廊下部分は「格天井」となっています。
今は下地の段階ですが、この下地に格子を取り付けていきます。

その材料がコチラ↓

s_写真 2017-10-17 10 20 01.jpg

取付のための加工がされています。


そして天井の一部に。。。

s_写真 2017-10-17 10 08 47.jpg

オーナーこだわりのショーケースの中の天井です。
(何が飾られるかは完成の時までお楽しみ。。。)
サンプルの材料で現場に合わせて採寸を行いました。


s_写真 2017-10-17 10 15 46.jpg

移設品の家具もぴったり納まり、一安心です
設計の段階より寸法を押え、家具に合わせています。


s_写真 2017-10-17 10 16 22.jpg

トイレの壁にはオーナーに選んでいただいたモザイクタイル張りです。

ようやく形が見えてきて、ますます完成が楽しみになりました!!
2階はコンクリート養生期間中ですが、まだまだ見どころがたくさんある建築ですので、
また進捗をお知らせしようと思います




posted by 東条設計 at 13:20| 鹿児島 ☔| 監理の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

天文館一斉清掃でごわす!


はいさい(''ω'')ノ

意匠設計室 東條でごわす

 今回は先日行われましたWe Love 天文館様のイベント
"天文館一斉清掃"のことをつらつらと書き記して候✉

このイベント、これまで何度か参加させていただいておりますが
回数を重ねるたびに思うのは、街がみるみるきれいになっている👀
ということなのです!

今回も、やるぞー!と意気込みばっちりだったのですが・・・
IMG_2929.jpg

ご、ごみがなかなか落ちていない
嬉しい悲鳴です!

IMG_2933.jpg
探し求めてやっとこさゲーット
かわええのう

IMG_2931.jpg IMG_2937.jpg
IMG_2938.jpg IMG_2941.jpg
その後も、側溝の隙間に埋まっていたり、細い道の奥、通称「細の奥道」
のごみを拾い集めてミッションコンプリートした我々であったのです✌
仕事を通してはもちろんですが、全てにおいて社会貢献することが
東条設計のミッションです!!!

IMG_2943.jpg

IMG_2945.jpg
終わった後は、ホッと一息。むしろこっちが目的か!?笑

IMG_2944.jpg
なんだかいい雰囲気のお二人さんもこっそりパシャリ📷
むふふですね〜

 冗談はさておき、どこを切り取っても仲良しで
皆が他人思いな所は、弊社の自慢です!

 心が洗われ、清々しい気持ちになれる清掃活動。
このような機会を与えていただいた皆様に感謝しながら
今後もきれいな街並みを保っていきたい!継続的に参加しよう!
との思いを新たにした一日の始まりでごわした🐶

posted by 東条設計 at 12:05| 鹿児島 火山灰| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ガーデンハウス桜ヶ丘 増築工事 起工式

こんにちは。
10月10日に伊佐市の社会福祉法人林の森様の
ガーデンハウス桜ヶ丘増築工事の起工式が執り行われました。
さわやかな秋晴れのなかでの起工式になりました!
前回の工事に引き続きのご下命有り難いことです。

変換 〜 CIMG5035.jpg
キリスト教式の地鎮祭は初めてでしたが
詩を読み、賛美歌を歌うなかで、凛とした空気が
流れ、身の引き締まる思いが致しました。

変換 〜 CIMG5046.jpg
詩編を読みながら、建物のアウトラインを
山崎牧師の後に続いて一周し、土地の祝福を行いました。

変換 〜 CIMG5053.jpg
鍬入れの様子。
左から林建設 小野副社長、林の森 林 隆秀理事長、弊社 東條

変換 〜 CIMG5056.jpg
最後の挨拶では林理事長より詩編第51編のダビデ王の寓話と
社会福祉法人を立ち上げるきっかけになった北欧での体験
についてお話を伺いました。

起工式を通じて、改めて良い建物をお返しせねばと決意を新たに
しました。関係者の皆様、今後共よろしくお願いいたします。


設計コンセプト:「離れ」としてのデザイン

変換 〜 外観 最終6.jpg

既存建物であるガーデンハウス桜ヶ丘は「忠元公園」に近接し、周囲に
並みを望む自然豊かな敷地に数年前に竣工した建物である。
本設計は特別養護老人ホームの併設型短期入所施設をユニット型の部屋
数制限いっぱいまで増設することで、高齢者福祉施設としてより一層
充実したサービスの提供が行うことができるよう計画された。

設計にあたっての課題として下記の事項に配慮した。
1.外観は清潔感のあるシンプルモダンな既存建物のデザインコードを
  引き継ぎつつ洗練する。
2.内観は既存建物の使い勝手から連続して違和感なく使用できるよう、
  既存の備品配置、寸法間隔、仕上を踏襲する。
3.既存建物以上の環境性能を確保する。
4.シンプルな構造や素材の厳選により経済性に配慮する。

上記の課題に対して、本建物は既存建物との関係が切っても切れない
「離れ」のデザインとして、洗練と踏襲の間にある距離感に配慮しな
がら構想された。
外観はシャープな先端をもつ特徴的な大庇の下に繊細な列柱を並べ、
また外装の金属サンドイッチパネルの鈍い金属光沢により全体を引き
締めた。
内観については既存を踏襲しつつも間接照明や効果的な素材の切替え
を行うことで、既存建物との違いを生み出した。

本設計によって、既存施設にあるサービスの充実や地域との交流が
促進され、施設がより活性化していくことを願う。


完成まで弊社一丸となって取り組んで参ります!
posted by 東条設計 at 10:41| 鹿児島 ☀| 起工式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする