2012年06月02日

あおぞら小児科鉄骨建て方

こんにちは、構造設計室の東條です。

あおぞら小児科様の新築工事もかなり進んできましたので、前回からの進捗状況と、現場レポートを書いていきたいと思います。

前回、基礎のコンクリート打設が終わり、次は鉄骨の建て方が始まります!

と、その前に、鉄骨の製品検査をします。鉄骨工事は、工場で作られた部材を現場で組み立てていくため、工場での製品検査になります。ここでの検査をしっかり行うことで、品質の高い建築ができていくのです!



写真1.jpg

柱の寸法をチェックしているところです!この他にも梁の寸法や、鉄骨の厚み、溶接部の外観検査等を行っていきます!



写真2.jpg

これは第三者機関による溶接部のUT検査の様子です。UT検査とは超音波探傷検査のことで、専用の機械を使って、超音波により溶接不良や傷などがないか、見えない所までしっかりと検査をします!超音波だなんてハイテクです!

ちなみに左にいるのが度々登場の弊社池田です!第三者検査だからといってもしっかりとチェックします!



工場での検査も無事に終わり、いよいよ現場での建て方です!



建て方−1/あおぞら.jpg 建て方−2/あおぞら.jpg

工場から鉄骨が運ばれ、建て方開始!写真でわかるように、鉄骨の上では鳶職の方々が息を合わせてテキパキと鉄骨を組み上げていきます!!

建て方の流れとしては、まず鉄骨を組み上げて仮締めし、歪みなどないか検査、調整をして、本締めをおこないます。基礎だけだった時とは景色が変わって、ワクワクします!!



そして建て方初日の夜は、恒例のお施主様と工事関係者との顔合わせ会が行われました。



顔合わせ会/あおぞら.jpg

ここまで無事にこれたことを喜び、またこれから気を引き締めて頑張ろう!!と、結束力を高めることができました!!

ちなみに、この会の支払いは全てワリカン!全員がフェアな関係の中、『和して同ぜず』の精神でそれぞれの役割を全うすべく、厳しい監理の仕事を進めていきます!!



建て方も始まり、躯体工事も終盤です!最後まで気を抜かず、しっかりと監理していきたいと思います!!


posted by 東条設計 at 19:12| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 監理の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック