2013年02月25日

建物の機能性と意匠性


こんにちは。東條です。
2月もいよいよ終盤。春の訪れが待ち遠しい時期となりました。

先日、新しくクリニックを建てられるお客様が初めてご来社くださいました。
先生からお話を聞くと、どこの設計事務所に依頼するか迷っていた時、「東条設計は設計料が高い」「作品性を重視して施主の要望を聞いてくれない」という話を他業者の方から聞き、弊社への依頼をためらわれたそうです。
たまたま、弊社でクリニックを設計されたお客様がお友達にいらっしゃりそのことを相談した所、全くそんなことは無いと仰って頂けたそうで、大変ありがたく思っています。

東条設計の設計理念には、『機能性を支援する処にデザインの存在があり』と謳っています。
設計において、まず何よりも優先されるのは建物の機能性です。
機能性とは、『お客様がこの建物で何を望まれているか』という所から派生します。
私たちはまず、お客様の要望を聞くところから作業を始めています。

そして機能性には、単なる使い勝手だけではなく、そこを利用される人々の心理状態までもが関わってきます。
クリニックの場合、患者様がどのような心理状態で待合で待っているかは、クリニックの診療科目でも大きく異なります。
また、同じ階段の設計でも、結婚式と葬祭場では登られる人々の心理状態が違うのではないか。そこまで含めて『機能性』という捉え方をしています。

お客様が私たちに何を伝えれば良いか、考え方を整理しやすいよう、長年のノウハウを重ねた建物の用途ごとのヒアリングシートなども用意しています。

また意匠性についても、お客様のご要望に沿うために「モダン」「クラシック」「和風」など、たくさんのデザインコードの中から複数案をご提示するようにしています。

202032坂元内科・眼科-外観.jpg  97030きたはらこどもクリニック-外観1.jpg

207060ふくいわ耳鼻咽喉科-02 外観東面.jpg  99019伊集院メディカルサービスビル(サザンクロス)-夜景.jpg

205009かわばた皮膚科-01.jpg  207059ふたばクリニック-03 外観北東面.jpg
同じクリニックという用途でも、デザインはお客様の要望により様々です。


お客様の理想を形にすることが、私たちの喜びです。


東条設計社訓・設計理念はこちらをご覧下さい。


.
posted by 東条設計 at 11:34| 鹿児島 | 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする