2013年07月23日

屋根についてのお話

こんにちは、意匠設計室の内田です。

今回は暑〜い鹿児島の夏を少しでも快適に過ごして頂くための
屋根(天井裏)のお話をさせて頂きたいと思います。

昔から鹿児島の田舎では屋根からの暑さを軽減するために
二重化粧造り屋根や天井の高いお家が多かったものです。

ブログ1.jpg

現在ではいろいろな建材やデザインが出てきて
昔のようなお家はあまり見られなくなりました。

ブログ2.jpg

この写真は弊社のお客様から既存建物が暑いので改善方法を教えてもらえないか
との相談を受けて調査した建物です。(天井裏を天井の点検口から覗いた写真です。)

屋根材(鉄骨)と天井の間に空間が少なく空気の流れがあまりないので、
温度がものすごく高くなります。
よって、居室内も暑くなり、エアコンの効きもあまりよくありません。

ブログ.jpg

上図のように軒裏や妻壁から外の空気が流れ込む仕組みを作ってあげると
小屋裏に空気の流れができます。
つまり、夏場、窓を閉じた状態で車中温度が上がり窓を開けると温度が下がる原理です。

この考えをヒントに弊社設計では天井裏の温度をセンサーで感知して
暑くなると換気をする機械を設置しています。

服装のクールビズとお家のクールビズでエコで快適な夏を過ごしてみませんか?
posted by 東条設計 at 18:39| 鹿児島 ☀| 設計の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする