2019年01月19日

外壁モックアップ検査に行ってきました!!!

新年あけましておめでとうございます。
意匠設計室の野瀬です。

2019年1発目のブログをアップさせて頂きます!!!

先日、現在進めているSHIROYAMA HOTEL kagoshima-耐震補強プロジェクトの外壁リニューアルを行うためのモックアップ検査を霧島市の工場にて行ってきました。

SHIROYAMA HOTEL kagoshima様からは間世田参事、施設部畠中部長にご参加頂き、当社からは東條を含め3名で参加しました。

モックアップとは?

製品を作る際に、実物と同じ大きさに作った原寸模型のことで、出来上がりのデザインや、色、見え方を検討するためのツールです。
特に今回のプロジェクトでは、耐震補強に伴い既存タイル仕上げから、アルミパネル仕上に変更する為、既存外壁との色、見え方等を細かく調整し、違和感のない外壁リニューアルとすることが1つの大きな目的です。

窓形状が2パターンある為、2つのモックアップを製作して頂きました。
モックアップの大きさは最大で5m×3.7mの大きさになります。

IMG_2987.jpg IMG_2992.jpg  

実際のスケールになると、図面上では見えてこないことが複数あり、モックアップを見ながら様々課題が見えてきました。
今回の検査では、水切りの必要性や、窓掃除の方法、灰への対策、目地の色、換気窓について等々検討事項が上がりました。

IMG_9212.jpg 窓の掃除方法を検討.jpg IMG_9233.jpg
▲モックアップについての説明 ▲窓掃除の方法の確認      ▲柱型の出寸法についての確認

▲意匠性の確認・検討

次回の検査では、実際にSHIROYAMA HOTEL kagoshimaに運び、ホテルにモックアップを並べて確認を行います。

今回の検査に同行させて頂き、イメージパースだけではなく実物を目で見て頂くことの重要性を再確認させて頂きました!
検討事項を1つ1つ解決していき、より良いものとなるようプロジェクトを進めて行きたいと思います!

実際の外壁リニューアル工事は、少し先の工事にはなりますが完成を楽しみにしていてください。

2019年も東条設計を宜しくお願い致します。


posted by 東条設計 at 12:06| 鹿児島 | 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする