2019年05月13日

嬉しいお手紙

いつもお世話になっております。

急に暑さが増し、そろそろ冷やし中華が恋しくなり始めた

総務室の大山です。


先日の合宿研修を終えて数日後、

研修で利用させて頂いた鹿児島県立霧島自然ふれあいセンター様より、

このようなお手紙を頂戴いたしました。

キャプチャ.PNG

2.PNG

キャプチャ3.PNG

4.PNG


研修中にお借りしていたネームケースを、

誤ってそのまま自宅に持って帰ってしまったスタッフが、

翌日センターに直接返却に行ったようです。


お手紙の中で、社風について触れていただいておりましたが、

東条設計の理念のベースは、「人間どうあるべきか」

より良い建築を作ることを考える前に

人間としての正しい生き方を大切にしています。


代表の東條の創業時からの考え方で

社訓の中にも、誠意・謙虚・感謝・素直・信頼・尊重 等の

キーワードが入っております。

これらは、社歴に関わらず誰もが実践できることを大切にすることにより、

お客様に寄り添った建築ができると考えているからです。


今回のスキルアップ研修もその一環でした。

私たちは特別な時に限らず

朝礼、清掃活動、ランチミーティング等、会社が「人生道場」となり

皆が、仕事をしっかりとこなす「人材」から

社会に貢献できる「人財」になれるように、日頃から積み重ねています。



また、今回頂戴したお手紙で、

思いを相手にしっかりと伝えることの大切さを改めて学びました。

このお手紙を頂けて本当にスタッフ一同嬉しく思います。

霧島自然ふれあいセンター様には

この他にも研修を通じて多くのことを学ばせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

しっかりと頂いた学びを活かし

東条設計スタッフ皆で建築を通じて社会貢献していきたいと思います。

2日間ありがとうございました。

CIMG9822.jpg

 

posted by 東条設計 at 08:16| 鹿児島 ☁| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする