2019年10月11日

鹿児島県4号上屋新築工事

こんにちは、構造設計室の東條浩明です。
 現在、城南町の離島行きフェリーターミナル横で昨年度に引き続き
鹿児島県の4号上屋の2期工事を監理しています。

 このたび躯体工事が終了しました。1期工事とほぼ同じ大きさで 
横幅59.5m奥行き35m高さ11.5mの大きさです。
35mのスパンを途中の柱をなくすため、あらかじめ張力を加えた
PC鋼線入りの梁で屋根を支えています。 
梁の大きさは幅1.2m高さ2.5mです。

01PCシース配管測定.jpg      
  PC管高さ測定      屋上階コンクリート打設完了
03PC梁 緊張立会.jpg   02PC柱緊張立会い.jpg
 PC梁緊張検査       PC柱緊張検査
05グラウト工事流下値試験.jpg        06グラウト工事立会.jpgP 
PC管内に注入する            柱へのグラウト注入確認       
無収縮コンクリート(グラウト)受入  
  KIMG0331.JPG   
 2020年1月完成に向けて、内装工事、設備工事が
本格的に始まります。
 朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が
続きます。工事に携わる方々の安全を祈念致します。


posted by 東条設計 at 19:59| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする