2019年11月28日

関西研修旅行レポート☆風の教会(六甲の教会)

こんにちは、意匠設計室の湯之上です
本日はもう一件、関西研修旅行で見に行きました建物を紹介致します。

今回紹介致しますのは、安藤忠雄氏設計の『風の教会(六甲の教会)』です!
視察期間が「六甲ミーツ・アート」というイベントと重なっていた事もあり、建物とそこへ向かう道にはたくさんの現代アートが散りばめられていました!

IMG_6694.jpgIMG_6697.jpg
△往路より      △復路より

この建物は、礼拝堂とそれに向かう外部の廊下というシンプルな作りとなっています。
そのシンプルな中に、光と影の対比をテーマに様々な趣向が凝らされています。

こちらは礼拝堂へ向かう外部の廊下です。
KIMG3576.JPG
光が優しく広がる廊下となっており、ここを通り抜ける際には、「次にはどんな空間が待っているんだろう」と高揚感を感じました

そしてこちらが礼拝堂です。
2019-11-02_09-59-39_961.jpgIMG_0267.jpg
△正面        △十字架をあしらった窓

礼拝堂は陰影がはっきりしており、厳かさを感じさせるような空間となっておりました。
大きな窓には十字架がデザインされており(視察の時間帯の関係で見られませんでしたが)光が射すと床に十字の影を落とすという趣向が凝らされています。

たくさんのアートと美しい建物に触れて、清らかな気持ちになりました
posted by 東条設計 at 10:51| 鹿児島 ☁| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする