2019年12月06日

皆与志養護学校クリスマス会

皆様、こんにちは!

構造設計室の岩元です。

けんたくん:「皆さん、こんにちは!」


先日の124日(水)に、皆与志養護学校クリスマス会へ参加させていただきました。

私自身は初めての参加でしたが、じつはこのクリスマス会、今年で39年目になるそうです。


けんたくん:「え?そんな歴史ある行事に、参加できるなんて大変恐縮です!!」


そうなのです。東条設計が今年41周年目ということで、

ちょうど東条設計が創立して間もない頃に、このイベントも開催されました。

歴史の長い付き合いということで、子どもたちや先生たちからも大変歓迎されました。


けんたくん:「サンタクロース、トナカイ、ドラ〇もん、ピ〇チュウ、色んなキャラクターが人気でしたよ!」


今回は東条設計から総勢10名のスタッフが参加しました。

皆さんそれぞれキャラクターの着ぐるみを着たことで、会場もとても賑やかでした。

20191204_191206_0008.jpg 20191204_191206_0001.jpg

ちなみに、「けんたくん」というのは、このクリスマス会で子どもたちに最も人気のある

オリジナルキャラクターで、腹話術人形です。私が今回「けんたくん」を演じさせていただきました。

この写真の一番真ん中で人形を持っている人が私(けんたくん)です。


今年は、ハンドベルや、歌といった例年の出し物に加えて、

今流行っているあの有名な曲「パプリカ」のダンスを全員で踊りました。

 20191204_191206_0014.jpg 20191204_191206_0013.jpg

けんたくん:「先生たちのパプリカダンス、すごい上手でしたね!」


皆与志養護学校の先生たちも加わって、一緒にダンスを踊りました。

子どもたちにも喜んでもらえて、先生や、東条設計スタッフ全員の心が1つになったことで、

とても楽しいクリスマス会を成功させることができました。



―最後に―

これまで、ボランティア活動にあまり携わったことがなかった私は、

今回初めてクリスマス会に参加したことで、誰かを笑顔にさせることが、

自分自身の笑顔に繋がっていることへ気付くことが出来ました。

日頃の生活でも今回学んだボランティア精神を忘れずに過ごし、

些細なことや、今ある環境に感謝することが大事なのだと感じました。

皆与志の子どもたちからも、勇気をもらい、少しでも社会に貢献できる人間になりたいと思いました。

ご協力して下さった皆様、誠にありがとうございました。

posted by 東条設計 at 10:29| 鹿児島 ☁| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする