2020年04月24日

テレワーク体験

はじめまして!2020年1月、3か月のプロポーザル期間を経て中途入社いたしました大屋智美と申します。

城山ホテル様にて執り行われました入社式、研修会、歓迎会では、東条設計のフィロソフィー〜ヴィジョンについて先輩方とともに細部にわたり学び、あたたかい祝福とエールをいただきました。

人間的にも技術的にも「目標にしたい、心から尊敬できる先輩方」に囲まれ、やりがいを感じながら建築の設計に携わることができるという、奇跡のような組織の中でお仕事をさせていただけることを、あらためて感謝した忘れられない日となりました。

あれからひと月。当たり前のようにこれまで行ってきた全社員による毎日の「朝礼」「ランチミーティング」「夕礼」は、新型コロナ感染リスク対策の一環として、「三密」を避けた分散型となり、先日は自宅での「テレワーク」をシミュレーションとして体験しました。

事前にIT委員会により「東条設計テレワークガイドライン(案)」を策定。タブレット端末や携帯端末を使用しての「朝礼」は、自宅ではありますがいつもの通勤服に着替え、いつものマスクは外してメイクで気合いを入れスタート。弊社会長東條も移動中の車中より参加いたしました。

昼食時は、デザインコンペで入賞した副賞として、ドバイ建築視察旅行へ参加したスタッフによる報告会を「ランチミーティング」としてスタッフ自宅より開催。撮影された写真や動画を参加者全員で画面共有しながら進行していただきました。

「夕礼」も各端末にて開催。議事録の筆記担当者も自宅でのタブレット端末にてタッチペンを使用して記録し、記録内容のチェックは社内の待機者により行われ、所定の場所へデータ保管され、情報共有されました。

自宅での業務中は、町内の班長さんが町内会費を集金にいらっしゃったりと、会社ではあり得ないことが起こったりもしましたが、何よりも感じたのは、これまで会社で当たり前のように使用していた広いデスク、最新のパソコン、大きなディスプレイでの作業環境、豊富な資料、そして相談できる先輩方がいつも近くに居るという安心感がいかにありがたく、恵まれているかということにあらためて感謝したテレワーク体験でした。
posted by 東条設計 at 22:37| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする