2020年05月13日

ドルフィンポートに感謝の気持ちをこめて

いつもお世話になっております
人生フルショット 東條です

設計させて頂きましたドルフィンポート
当時は木の建築賞を受賞させて頂いたり

木の建築賞.png →当時頂きました表彰状です

精魂こめて設計した建物が15年の定期借地期間に達し
ついに解体の日を迎えることになりました

我が子を育てる以上に愛情を注いできた建物が解体されることは
設計者にとりましては、とても辛い別れです

当初から15年の期限つき
解体し易いように、と木造建築で工夫も凝らしていましたので
解体もスムーズに進んで何よりです

IMG_6310.jpg IMG_6309.jpg IMG_6308.jpg

設計は数社による事業コンペでしたが
設計者の思いも感じてもらえれば、と思い
当時のコンペ資料の一部も公開したいと思います

1.jpg 2.jpg 3.jpg

4.jpg 5.jpg 6.jpg

いろんなシチュエーションを想像しました
「わーい!この川は入って遊べるんだー!」
「店内で食べるのもいいけど、海を感じて外で食べるのも最高ね」

「それぞれのお店も工夫が凝らしてあるし、全部のお店を制覇したよ」等々・・・

7.jpg 8.jpg 9.jpg 

10.jpg 11.jpg 12.jpg
(市街地から見た時の圧迫感を和らげるために曲面を採用)

13.jpg 14.jpg
(手書きのパース、模型も作成しました)


今年の元旦にも感謝の気持ちをこめて、行きました
cache_Messagep28376.jpg cache_Messagep28377.jpg cache_Messagep28379.jpg cache_Messagep28380.jpg

そして、解体前の3月、親戚を招いての食事会(ミディソレイユにて)
IMG_6311.jpg 

解体前夜の写真です
最後のドルフィンポートの雄姿、どうしても見たかったので・・・


たくさんの思い出がありますが
感謝の気持ちを込めまして
新しい鹿児島の本港地区エリアが生まれますことを願っております
  
posted by 東条設計 at 11:44| 鹿児島 ☁| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする