2020年10月02日

インターンシップ生をオフィスビルの建築現場へご案内。

こんにちは!
意匠設計室の大屋です!

先月お越しいただいた3人のインターンシップ生。

それぞれの大学で建築を学ぶ学生さんたちに、
「卒業後の人生の選択にすこしでも役立てて欲しい」と
実際の建築現場への案内役を買って出た私。

ご案内したのは、
9/29のブログで弊社会長東條が紹介した、
松原小学校近くのオフィスビルの建築現場。

記事はコチラ

先輩設計者の建築現場を訪れることは
私自身にとっても貴重な経験と学びの場でもあります。

IMG_3946.jpg

真剣に、キラキラしたまなざしで積極的に質問をする学生のみなさん。
なんだかその姿が愛おしく、懐かしく、過去の記憶がよみがえりました。

私が建築を学ぶ学生だった頃何度も通った現場がありました。

国指定重要文化財「八千代座」。

1b52680ab917bc478fb1ad6626e94d7b-480x480.jpg
575ea43fcb76387bb3812e768c6da06e-1-480x480.jpg
4e773f7a409435aac19196624035f897-1-480x480.jpg

八千代座公式HPより

明治に建てられた
江戸時代の歌舞伎小屋の建築様式
(花道、廻り舞台、桝席、桟敷席)
を持つ芝居小屋の修復現場では、
漆喰の材料を現場で鍋に入れて火にかけて練り、
左官職人さんにコテの使い方を習って塗り、
棟梁に木材の切込みの様子を見せていただき、
手動の廻り舞台、奈落を歩いた。

建築を学ぶ学生の私に、
間もなく完成する建物への熱い想いを語って下さった
設計者、現場監督、職人の皆様に教わったことは
今でも大切な宝物です。

今になって分かるのは、
限られた工事期間の中で天候や様々な課題と闘う傍ら、
学生の私を受け入れて下さったことが
どれだけありがたいことだったかということ。

学生時代にそのような貴重な経験をさせていただいたからこそ、
東条設計を訪れて下さる生徒、学生のみなさんにも
貴重な現場経験をしてほしい。
それが、現場でお世話になった方々への
恩返しなのではないだろうか…

そんな想いに駆られた、
インターンシップ生のみなさんとの現場見学会でした。






posted by 東条設計 at 23:37| 鹿児島 ☀| 東条設計・日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする