2020年12月23日

ハーバーフロントビル起工式

いつもお世話になっております。
意匠設計室の楠原です!
めっきり寒くなってまいりました!もうクリスマスですね!

先日、鹿児島海陸運送株式会社様、中川運輸株式会社様の共同ビルであるハーバーフロントビル新築工事の起工式が執り行われました。
敷地は両社の本社がある住吉町に位置するため設計中からどんな建物がウォーターフロントに相応しいのか?
共同ビルだからこそできることは何なのか?
建築主さまと考えながら一緒に創り上げて上げてまいりました。

IMG_0839.jpg

IMG_0854.jpg
海陸運送株式会社 大西社長

IMG_0844.jpg
中川運輸株式会社 吉冨社長


IMG_0855.jpg
弊社会長 東條

IMG_0861.jpg
最後に記念写真

IMG_0865.jpg
模型を覗き込みながエントランスの説明をする東條
起工式には100分の1の大きな模型も持参しみんなで覗き込みながら
期待に胸膨らませます。


やっぱりCGとは違い模型は気分が盛り上がります。
模型はのぞき込むと本当にワクワクします。
人の目線で覗き込んだり、鳥の目線で上から見たりいろんな
目線で見れるのが模型の良さです。模型をみながら新たな発見があったり
もっとこうしよう!と改善点がみつかります。

IMG_0656.jpg
また東條が覗き込んでいます。ワクワクしているのでしょうか。

IMG_0655.jpg
せっかくですので模型の紹介です。
4層吹き抜けの共用エントランスを覗き込んだところです。
海に携わる二社のイメージした船の舳先、風をうける帆を
イメージしたダイナミックな曲線天井デザインです。

IMG_0652.jpg
道路に面する外壁は丸みをおびた形とし柔らかなイメージとしています。

IMG_0654.jpg
上部のバルコニーには緑化をし街に潤いを与えています。

IMG_0651.jpg
上空からの鳥の目線です。
IMG_0650.jpg
曲線の水平ラインの連続が柔らかで親しみのある印象を与えると思います。


名称未設定 2.jpg

■コンセプト
二つの顔を持つテナントビル
テナントビルでありながら本社ビルの設えを可能にする為、各社にホールを設け独立性を確保しました。

立地を活かす
3方向接道の立地を活かし、曲線をもつ親しみのある外観としました。
階段室はレンガタイルを採用し、素材感とアクセントを加えた外観イメージを創出しました。

メンテナンスと熱環境デザインが両立したファサードデザイン
メンテナンス性に配慮し、執務空間にはバルコニーを計画しました。
庇の役目も担い直射日光の入りにくい熱環境に配慮した執務空間を目指しました。

海に携わる会社のイメージを表現
海に携わる二社の共同ビルであることから、風を受けた帆をイメージとしたエントランス天井を計画。
街に対して開かれ、二社のイメージを彷彿させるデザインとした。

竣工に向けて、弊社一丸となって皆様に喜んでいただけるよう、一つ一つ丁寧な仕事を心掛けて取り組んで参ります!

posted by 東条設計 at 16:15| 鹿児島 ☁| 起工式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする