2021年01月19日

鹿児島トヨタ自動車本社新築工事 起工式

いつもお世話になっております。
意匠設計室の吉原です。

寒さも峠を越え、少し過ごしやすくなってきました!

先日、鹿児島トヨタ自動車株式会社様の本社・鹿児島店の立て替え工事の起工式が執り行われました。
計画は現本社がある西千石町1番街区、2番街区で、解体と新築を繰り返す3期、6棟の工事です。

◆DSC05490.jpg ◆IMG_1488.jpg 
現本社・鹿児島店建物(1番街区)      1期工事として着工する2番街区   

7年に亘る長い設計期間を経てようやくの着工は感慨深いものがあります!


◆20210108-111934-034.jpg

◆IMG_1840.jpg
諏訪会長 玉串奉奠

◆IMG_1855.jpg
市坪社長より鹿児島トヨタ自動車様の長い歴史と
この本社立て替え計画への強い想いをご挨拶いただき、
これから3年半以上におよぶ工事監理にもより一層身が引き締まりました!

◆IMG_1857.jpg
弊社会長 東條 設計監理者挨拶

◆IMG_1865.jpg
最後に記念撮影


◆TOYOTA.jpg ◆TOYOTA1.jpg 
1番街区の電車通り側 外観イメージ      1番街区の北側 外観イメージ


【 コンセプト 】

◆人と車との関わり方が大きく変わろうとしている現在において、
″売る″ことだけでなく、人と車、地域と車を繋ぐ場所として、
一人一人のお客様に寄り添うことができる店舗づくりを目指します。

◆2つの街区を跨ぎ、かつ限られた敷地の中で鹿児島トヨタ自動車様と
来客者の機能性、安全性を最大化する配置・平面計画とします。

◆専売から全車種併売となり、厳しい競争にもなる販売店の中で
″鹿児島県オールトヨタ″の旗手である鹿児島トヨタ自動車様の顔に
伝統と先進性を表現したファサードデザイン、
また、天文館と鹿児島中央駅の中間に位置する場所としてのポテンシャルを引き出し、
地域の景観に寄与するファサードデザインとします。


3年後のグランドオープンに向けて、鹿児島トヨタ様、エンドユーザー様、
さらには地域に喜んでいただけるよう、弊社一丸となって監理業務に取り組んで参ります!

posted by 東条設計 at 16:47| 鹿児島 | 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする