2021年03月25日

鹿児島中央タワー竣工!

こんにちは意匠設計室の山本(賢)です。

先日、中央町1920番街区第一種市街地再開発事業の竣工式、並びに定礎お披露目が行われ、東條と共に参列させていただきました。


IMG_2264_Moment_Moment.jpg

定礎お披露目


弊社は南国殖産さまを代表企業とする特定業務代行のメンバーとして、建物の設計・監理業務を担当いたしました。2015年の実施設計スタートから約7年という、とても長いスパンのプロジェクトでしたが、無事完成できた喜びを関係者で共有することができました。

rjb6DgRkHdojT6F844iH8w.jpg

完成した鹿児島中央タワー


 鹿児島中央駅前に堂々完成しました、本再開発ビルは鹿児島で最も高い建物となり、「鹿児島中央タワー」という名称に決まりました。

下層階が商業施設(Li-Ka1920)、ホール等の機能、上層階は分譲マンションという構成で、今月より順次オープン・入居が始まります。6月には商業がグランドオープンとなり、鹿児島中央駅の賑わいがさらに華やかになります。

今回、鹿児島の中心。鹿児島のランドマークとなる建物に弊社が携われたことが大変光栄で、関係者の皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。これからも「まちづくり」の視点で鹿児島のまちに貢献できる仕事を続けていきたいと思います!



IMG_2269.jpg

再開発組合の庵下理事長と代表企業南国殖産の永山社長と記念撮影。



posted by 東条設計 at 19:09| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする