2012年09月18日

県庁舎外壁改修工事

こんにちは。構造設計室の鎌田です。

ただいま、県庁の行政庁舎の外壁改修工事監理を行っております。

DSC02251.jpg
おなじみの庁舎。

1996年に竣工してから15年以上経過しています。
外壁タイルの剥離や落下を防止し安全を確保するため、総点検と補修を行っております。

点検、補修は屋上からワイヤーで吊したゴンドラの上で作業しています。

DSC02111.jpg
自ら監理者として、タイルを叩いて浮きがないかをチェックしていきます。

東条設計では施工会社任せにすることなく、徹底した監理を行っております。
下を見ると足がすくみますが、皆様と建物の安全を守るためとの思いから頑張っています。
最近は少し余裕も出てきて眼下に広がる景色も楽しみの一つです。

DSC02136.jpg

posted by 東条設計 at 21:00| 鹿児島 ☀| 現場なう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

おぐら病院 新築工事 現場状況


いつもお世話になっております。ブログ担当の月野です。

現在、おぐら記念病院の現場が着々と進行中です。

4/25に起工式を終え、杭工事が無事終了しました。

例年にない集中豪雨の影響もありましたが、大きな問題もなく、順調に進んでいます。

現場全景(7.17).jpg
現在の工事現場の様子。

今日の定例会議で現場確認をしたところ、タワークレーンが1基設置され稼働していました。

タワークレーンとは、建設する建物の高さ、平面サイズ、あるいは現場の状況等により、設置される大型クレーンで、設置されたものは高さ約42m、作業半径35mで、最終的には反対側にもう1基設置され、南北から材料の搬出入を行う予定です。

皆さんご存じの、東京スカイツリーではこのタワークレーンが用いられ、進捗に合わせて上昇していくクライミングクレーンといわれるものが使われていました。

多様化する建築に合わせ、それらを具現化する建設現場では様々な分野で施工技術が進歩しています。そこに生まれる建築の可能性を十分に理解し、幅広いお客様のニーズにお応えし、設計に生かしていきたいと、タワークレーンを眺めながら感じる一日でした。

タワークレーン写真.jpg


.
posted by 東条設計 at 10:47| 鹿児島 ☁| 現場なう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

恒心会おぐら病院 現場顔合わせ会


こんにちは。ブログ担当の月野です。

6月4日、現在工事中の 恒心会おぐら病院 新築工事 の現場顔合わせ会があり、総勢38名という大人数の懇親会となりました。

0604顔合わせ会.jpg
小倉理事長からのご厚意で、森伊蔵2本、農林2号1本を差し入れして頂き、皆さんでおいしく頂きました。

この現場顔合わせ会の目的は、現場を進めるにあたって心をひとつにし、また、実際に現場で働く方々がお客様の顔が見える(建築の背景を知る)機会として、当社では数年前から主催して実施しております。

今回の顔合わせ会でも、地域医療に根ざした恒心会様と、地元の協力業者の方々だっただけに、顔見知りの方も多く見られ、「数年前に院長先生に手術してもらいました」と、自己紹介の中で嬉しそうに話をされる方も数人おられ、より身近な方々との関係、ご縁の大切さも改めて感じるところでした。

4月25日に起工式を終え、まだ杭打ち施工中で、これから約一年という長い現場ではありますが、皆様と一緒に、力を合わせ、今後の監理にも取り組んでいきたいと思います。

小倉病院外観1221(正面).jpg
外観イメージパース




posted by 東条設計 at 14:38| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場なう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする