2018年12月29日

国際交流センター(仮称)着工!

こんにちは意匠設計室の山本です。

先日、鹿児島市加治屋町で「国際交流センター(仮称)」の地鎮祭ならびに起工式が催されました。

DSCF7069.JPG

この建物は京セラの稲盛名誉会長が鹿児島県民の国際交流の活性化、国際的な人材育成の為に鹿児島県と鹿児島市に20億もの寄付をされ、その寄付をもとに計画された施設です。約2年前にプロポーザルにて弊社を選定いただき、ようやく着工の日を迎えることができました。

 本施設は外国人と鹿児島県民が気軽に利用できる交流施設と、留学生と日本人が一緒に共同生活ができる国際的な寮からなる複合施設で、市立病院跡の都市公園と一体的な施設計画となっています。

 プロポーザル時の提案と変更になった部分はありますが、交流を促すための様々な仕掛けを盛り込んだ計画となっており、2020年3月のオープンに向けて関係者で無事故・無災害をお参りしました。三反園知事による刈初め

DSCF7080.JPG三反園知事による刈初め

DSCF7082.JPG弊社折田による鍬入れ

DSCF7093.JPG森市長による玉串

DSCF7100.JPG弊社東條による玉串

DSCF7130.JPG

最後は建設協議会の津曲委員による万歳三唱で締めました。

鹿児島県の国際交流の拠点となる施設になるよう監理業務をしっかり行い、鹿児島の新しいランドマークになれるよう努めてまいります!

国際交流センター完成イメージ.jpgKIMG0703.jpg外観イメージパースと模型

多目的ホール.jpg多目的ホール内観イメージ

KKC−キッチンスペース.jpg調理室内観イメージ

宿泊棟玄関ホール.jpg宿泊施設玄関ホール内観イメージ

180802KKC−基準階共用部.jpg宿泊施設共用LDK内観イメージ


KIMG0707.jpg建設協議会の津曲委員と門田委員と記念写真


posted by 東条設計 at 12:39| 鹿児島 | 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南風図書館

こんにちは Mアです
このたび鹿屋の浜田町に新しい名所が完成致しました。
南風図書館です。作家でもある前フェスティバロ社長の
郷原茂樹様が、閑静な環境で執筆活動を行いたいとの
趣旨で設計致しました。
   起工式              完成

コアな隠れ家的な要素も保ちかつ、オーナーの所蔵する
多くの書籍を保管する図書館機能を持つ建物です。
起工式には、フランスから有名シェフをお招きし
近接するデザートハウスでつくられた、ケーキを
頂きました。
  書籍所蔵室          来賓者と前庭にて

オーナー自身が執筆された本が並ぶ書籍棚の横には、収集
された民芸品が保管されたコーナーも併設されています。
前庭から、遠くは開聞岳、桜島が眺望できます。
    感謝状         12/11南日本新聞

静かな環境を保ちたいとのご要望通り、ブログ掲載を
控えておりましたが、先日プレスリリースされましたので
ここに、落成時の状況を発表致します。
 感謝状には沖縄で特別に製作された、石敢當も頂きました。
たいへん暑い中工事に携わった多くの工事関係者の方々に
この場をお借り致しまして、お礼申し上げます。


posted by 東条設計 at 11:54| 鹿児島 | 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

協業組合ユニカラー様 工場新築工事 起工式

こんにちは!意匠設計室の吉原です。

先日、伊集院のパナソニック工場跡地で建設予定の
協業組合ユニカラー様新工場の起工式が執り行われました。

雨の日が続き心配しておりましたが、当日は寒さの中にも厳粛な空気に満ち、
絶好の起工式日和となりました。

協業組合ユニカラー様は現在、小山田で操業されております
特殊印刷を得意とされる印刷会社様で、この度事業の拡大のため
工場の移転をご計画されました。

ここでユニカラー様の特殊印刷技術の一端をご紹介します。
◆DSC05011.jpg 
↑ 名刺の裏面ですが、実は同じ柄なんです!
 見る角度によって見える絵が変わるんです!

◆DSC05013.jpg
↑ 社員の皆様からコレクトした名刺
 皆様それぞれ異なる柄なので名刺をいただくのが楽しくなります!


◆DSC04932.jpg 代表理事 岩重理事長

◆DSC04935.jpg 日置市 宮路市長

◆DSC04951.jpg 直会の様子

直会では今回のプロジェクトに対する岩重理事長の想いを改めて拝聴し、
今後の監理業務に向けてより一層身が引き締まる思いとなりました。


◆DSC04966.jpg 集合写真

【設計コンセプト】
◆社員満足度を高め、新たな地で地域の方々が働きたいと感じられる工場を目指す。
◆歴史と芸術の街、日置に拠点を移すにあたりモノづくりの精神を新たにし、
 高い技術と感性で末永く繁栄するため、将来を見据えた構造、仕上、設備とする。
◆従来の印刷工場のイメージを払拭するデザインでユニカラー様のブランドイメージを創る。
◆既設のインフラを最大限に活かし、イニシャル、ランニングともにコストパフォーマンスの高い建物を目指す。

◆180907_外観.jpg 外観完成予想パース

◆180907_エントランス.jpg エントランスイメージ

◆180907_応接室.jpg 応接室イメージ

◆180907_会議室.jpg 会議室イメージ


ユニカラー様創業45周年の節目に相応しい新工場をお引渡しし、
今後のご発展に寄与できるよう、工事完了まで弊社一丸となって取り組んで参ります!


posted by 東条設計 at 07:46| 鹿児島 ☔| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする