2018年11月17日

ひだまりこどもクリニック 起工式

皆様こんにちは。いつも大変お世話になっております。
意匠設計室の吉丸です。

先日、鹿児島市大明丘にあります「ひだまりこどもクリニック」の起工式が執り行われました。
大変気持ちの良い秋晴れのなかでの起工式となりました。

本件は大変有難いことに弊社創立時よりお世話になっております柳元税理士事務所の柳元丘先生のご子息である柳元孝介先生のクリニック開業を機にご縁をいただき、御下命賜りましたプロジェクトです。

CIMG8550.jpg 柳元孝介院長先生
CIMG8555[1].jpg 柳元丘先生と奥様
CIMG8560[1].jpg 柳元尚喜先生            
CIMG8579[1].jpg 弊社会長 東條
CIMG8590[1][1].jpg直会の様子
CIMG8605[2][1].jpg 集合写真

直会では先生よりご挨拶いただき、クリニック開業にかけた決意、地域医療にかける想いをお聞かせいただき、今後の監理に向けて身の引き締まる思いがいたしました。

                       
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【設計コンセプト】丘の上の大きな帽子
南に面した陽当りがよく見晴らしのよい斜面地にたつ小児科の計画である。
敷地は団地斜面の頂部付近にあって、住居系の2つの用途地域にまたがる住宅街のなかで幹線道路より1敷地分控えた場所に位置している。
設計を進めるにあたって考えたことはこのロケーションを活かしながらいかに建物の認知性を高めるかということであった。
また、限られた敷地面積のなかで診療所の用途を充足し、尚且つ広がりを感じさせる空間をどのようにつくりだすかということも課題であった。
そこで遠景と近景双方からの見え方を足掛かりとし、風景に調和しながら埋没しない形態として板金による大きな覆いを帽子のようにかぶせたシンプルなかたちから考えてみることにした。
かたちを構成する主要部分である大きな屋根は遠景において周囲の景観からひょいと浮いた表情をつくりだすことを意図し、民家のような低い軒や建物周囲の植樹は西日を遮りながら近景において建物に庇護感を与えるものとして考えた。
内部空間においてはシンプルな覆いによって大きな気積をつくりだし、外周壁に設けた水平連続窓によって周囲の景色をとりこむことで空間の広がりを極力感じられるようにした。
また、屋根にポコポコと付けられたドーマー窓は外観に親しみやすさを、内部空間に「ひだまり」をつくりだすことを意図して設けている。
本建物がこどもたちが集うやさしい居場所として、街並みのなかで長い時間愛されることを願う。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
先生はじめ関係者様の想いをしっかり受け止め、完成まで弊社一丸となって真摯に取り組んで参ります!


posted by 東条設計 at 17:16| 鹿児島 ☀| 起工式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

株式会社 共進組新築工事 起工式

皆様こんにちは、いつも大変お世話になっております。意匠設計室の楠原です。

先日、易居町にあります株式会社共進組様の新本社新築工事の起工式が執り行われました。

昨年プロポーザルを経てご指名頂き、着工にいたりました。

当日は台風も接近しており天気予報を気にしておりましたが、雨も降ることなく時折光が差し込む中、起工式を行うことができました。


01.jpg

弊社会長 東條

02.jpg


【設計コンセプト】
新本社は共進組さまをアピールするため建物自体にインパクトある外観を持たせました。大きな門型のフレームに包まれたシンプルモダンかつ機能的なファサードとしています。また、ロケーションを生かした室配置と屋上計画、西日対策の為に設けた縦ルーバーにより快適な執務環境を実現しています。新しい時代に向けさらなる飛躍を目指すに相応しいデザインとしました。

外観.jpg

外観イメージ

05.jpg

エントランスイメージ

04.jpg

03.jpg

内観イメージ


共進組さま創立120周年の節目に相応しい建物がお返しできるよう、完成まで弊社一丸となって取り組んで参ります!

posted by 東条設計 at 21:51| 鹿児島 ☁| 起工式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

出水のテナントビル 起工式


先日出水のテナントビル 新築工事の起工式が執り行われました。
本件は、数年前に設計をさせて頂きましたクリニックからの御縁で
御下命頂いたプロジェクトです。

猛暑日で大変暑い中でしたが、多くの関係者が集まり、工事の安全祈願を
行いました。

2018-08-08 13.23.22.jpg 式典出席者

2018-08-08 13.17.08.jpg2018-08-08 13.20.49.jpg 建築主である東医院 東午郎院長先生による地鎮の儀、玉串奉奠

2018-08-08 13.17.46.jpg2018-08-08 13.22.07.jpg 弊社社長折田による地鎮の儀、玉串奉奠

2018-08-08 13.32.26.jpg 終了後の建築主関係者による記念写真

東医院_外観パース.jpg 完成予想図

患者様の立場に立った事業であることを充分に理解し、今後の監理に臨みたいと思います。

設計コンセプト
テナントビルの新築工事である.
既存建物と一体化した建物とし、患者様にとってよりよい環境を提供するべく、本計画がスタートした.
前面道路からの視認性は勿論、隣接地の往来、患者動線を考慮し、配置計画を行った.

プラン
前面道路側を主玄関としながらも、フレキシブルに対応
できるよう反対側にサブ玄関を設置

ファサード
既存建物との一体感を図るデザインとし、視認性にも配慮


posted by 東条設計 at 11:35| 鹿児島 ☁| 起工式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする