2012年07月20日

鉄骨製品検査

こんにちは。構造設計室の鎌田です。

7月20日に、現在薬師町で建設中のサービス付高齢者住宅の鉄骨の製品検査を実施致しました。

DSC02086.jpg

お施主様も参加され、建設現場に搬入される前の鉄骨の製作状況や、完成した骨組みの検査を立ち会いされました。

DSC02095.jpg

お客様の期待に応えるべくしっかりした監理に努めていきます。

薬師町ケア付き高齢者住宅外観0312.jpg
薬師町サービス付き高齢者住宅 完成イメージパース


.
posted by 東条設計 at 16:30| 鹿児島 ☔| 監理の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

養徳園 竣工検査

こんにちは 意匠設計室 上野です

先日、南さつま市に建設中の介護老人福祉施設 養徳園におきまして第3期工事の竣工検査が行われました。

R0026933.JPG

これまで工事期間中、毎週の工程会議にて工事手順や設計内容の再確認、内装仕上げ等について細かな部分についても漏れが無いよう現場監理を行なって参りましが、あらためて、竣工検査では園長先生はじめスタッフの皆様方にも立ち会いいただき入念に最終確認を行なっていただきました。


工事に携わった関係者の方々は延べ11,602人にのぼり、皆様方の丁寧なお仕事の積み重ねによってこの日を迎えられることに改めて感謝の気持が湧いてくる瞬間でもあります。


R0026938.JPG

計画スタートから足掛け6年の歳月を経て、来年3月には完全ユニット型の施設へと生まれ変わります。
全国の特養施設の見本となる施設を目指そうという園長先生のご期待にそえるよう、最後まで気を抜くことなく現場監理に取り組んでまいりたいと思います。

posted by 東条設計 at 11:22| 鹿児島 ☁| 監理の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

あおぞら小児科躯体工事終了!

こんにちは、構造設計室の東條です。

あおぞら小児科様の現場レポート(構造設計室監理編)も、今回で最終回になります!



前回のブログで、鉄骨建て方が終わり、フレーム(骨組み)はできたので、最後は各階の床を作り完了です!具体的には、デッキプレートという波形の鋼板を敷き、その上からコンクリートを打設します。

ということで、さっそくコンクリートを・・・とはいかないのですね!

コンクリート打設の前に、鉄骨工事現場検査を行います。

この検査では、鉄骨の継手、基礎と柱の連結部分等をしっかりチェック!コンクリートや仕上材で見えなくなるところを重点的に検査します!!



写真6.jpg 写真7.jpg
鉄骨の継手部分と、基礎と柱の連結部分。しっかり緊結されていますね!基礎と柱の連結部には、前回の配筋検査の際ご紹介した、アンカーボルトのナット部分が見えております。これが基礎と柱を一体に繋いでいるのです!



写真8.jpg 写真9.jpg

一階土間の配筋検査。この丸くなっているところは、外に面して可愛い階段ができる予定です!今からとても楽しみです!!



写真10.jpg 写真11.jpg

続いて二階の床と天井の鉄骨の検査の様子。床にはデッキプレートが敷いてあります!

デッキプレートや梁からちょんちょん生えているのが、頭付きスタッド(以後スタッド)といって、鉄骨とコンクリート床を一体にする役割があります!



写真12.jpg

これがスタッドです!ここにコンクリートを打つことにより・・・


( ゚д゚)


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゚д゚)


なんか曲がってるー!!!


これは大変なことが起きてしまいました!!!


しかも現場の人も、上司の池田さんですら!特に気にする様子はありません!!!


それどころか、真っ直ぐまともに立っているスタッドを、あろうことかおもむろにハンマーで叩く池田さん!!!


目の前で繰り広げられる想像を絶する光景にあっけにとられていると、ひとしきりハンマーで叩き終えた池田さんが、教えてくれました。


なんでもこれは『打撃曲げ試験』なのだそうです。


要はこのスタッドがしっかり鉄骨に留まっているかを試験するということ。



それにしたってやりすぎじゃ・・・曲がってしまうほどに叩くなんて・・・。


と、人間不信になりかけましたが、実は!『曲げ角度15°まで叩くこと』が、「建築工事標準仕様書 JASS6 鉄骨工事」で決められているのだそうです!!


このスタッドは、鉄骨と溶接されているのですが、その溶接がしっかりとなされているかを試験するため、叩く。つまり、スタッドが15°曲がるほどに叩いても、溶接部に割れなどの欠陥がでないかを調べるということです!!



思わず熱くなってしまいましたが、そんなこんなで検査も無事終わり、床のコンクリート打設を行います。

足場も組んであり、ここにいったいどうやってコンクリートを圧送するのだろうかと思っていましたら。。。

写真14.jpg

ポンプ車の鼻先を突っ込んで


写真15.jpg 写真16.jpg

そこから先は配管をして、奥のほうからコンクリートを圧送していきます!


この方法で届かない場所までしっかりとコンクリートを打てるわけですね!



写真17.jpg 写真18.jpg

こうして2F、3F、階段部分とコンクリートを打ち終わり、最終検査をして、躯体工事の工程は終了!上棟をむかえることになります!!



ここまで現場での検査を中心に、構造設計室の仕事を書いてきましたが、私自身も実際現場に行って、その様子を改めてブログに書くことで、色々なことを学ばさせていただきました!


現場の人いわく『東条設計の検査は本当に厳しいので、職人さん達も気が抜けない、その分品質の高い仕事ができるのです。』と教えてもらいました。


厳しい検査をするのもよりよい建築を作るため。現場の方々とも一丸となってベストを尽くしていきます!


なるべくわかりやすく書いてきたつもりですが、設計だけでなく、様々な人たちの関わりがあり、一つの建築ができあがっていく様子が少しでも伝われば幸いです!!!


これからも構造設計の仕事を通して、色々なことを学び、体験して、ブログにものせていきたいと思います!長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!!
posted by 東条設計 at 10:30| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 監理の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする