2011年09月17日

エレベーター研修


いつもお世話になっております。意匠設計室の月野です。

本日の土曜日研修では、エレベーター設備についての勉強会を行いました。

CIMG5807.jpg

今回は、エレベーターを製作している3社のメーカーさんに御来所頂き、それぞれの製品の特徴についてご説明していただきました。


それぞれのメーカーさんのカタログは、いつも設計を行う際に見ていましたが、改めてそれぞれのメーカーさんの説明を続けて聞いてみると、私が考えていたよりも、各社の製品の性能の違いは驚くほど顕著でした。

CIMG5814.jpg


コスト、環境への配慮はどのメーカーさんも工夫されていましたが、過変速速度対応や、事故防止設計、緊急災害時対応、通常お客様には見えないエレベーターシャフト内部の性能や取り付け後のメンテナンス等は、それぞれのメーカーさんで特徴が異なり、建物の用途に合わせての選択が重要だと改めて感じました。

CIMG5810.jpg
エレベーターのボタンデザイン1つでも様々な工夫をされていました。


ひとくちに「エレベーター」と言ってもたくさんのメーカーさんから、様々な種類が出ています。また、仕上げ材などとは異なり、見た目だけではお客様には伝わらない部分も多いです。

建物の用途や、お客様のご要望に合わせた製品の選択ができるよう、これからも情報収集を続けていきたいと思います。
posted by 東条設計 at 16:58| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

大光電機ライティングセミナー

こんにちは、設計室の松田です。
先日、城山観光ホテルで行われました住宅照明のセミナーに、設計室のメンバーで行ってきました。

講師は大光電機のタカキヒデトシさん。非常に熱のこもった話し方をされ、内容も含めて圧倒される次第でした。

「適材適光」という既成の考え方にとらわれず、本当によい照明計画をするには、総合的な物の見方、考え方をして、他の設備との取り合いなども細かくチェックして、緊張感を持って設計と現場に臨まなければならないと、改めて身が引き締まる思いになりました。

今後もこのような勉強会等には積極的に参加して、設計品質を高めていけるよう、社員一同努力を重ねていきたいと思っております。

1.jpg
posted by 東条設計 at 11:58| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

土曜日研修


本日は土曜日研修を利用して、太陽光発電システムの勉強会を行いました。

変換 〜 IMG_0174.jpg

現在の原子力発電の問題から、太陽光発電など自然エネルギーの利用への注目がにわかに高まっています。

太陽光発電はイニシャルコストの回収が困難で、企業などの場合では経済効果があまり見込めませんが、近年はCSRや節税対策、イメージアップのために積極的に採用されるケースが増えています。

また、来年度からは現在の余剰電力買取方式から、全量買取方式への転換が予定されており、売電の単価が大幅にアップします。そのため、工場など屋根面積の大きな建物は設置に最適です。

他にも、太陽光発電を設置した建物は屋根の温度が下がり空調効率が良くなる等、さまざまな効果が得られます。

変換 〜 IMG_0175.jpg

ひとくちに太陽光発電といっても、その方式や性能・設置方法も多種多様です。

私たちが設計する建物に、お客様の要望に最適な発電システムが御提案できるよう、これからも積極的に情報を習得していきます。


また、午後からは内部研修として、東條からの研修が4時間ありました。

社内で起きた様々なフィードバック事項から、いかに次のアクションを起こすかについて具体的事例を交えての話でした。

これを受けて私たちスタッフは自分たちなりのアクションプランを作り実行します。


IMG_0178.jpg
ランチミーティングの時間を利用しての東條からの設計フィードバックも行いました。

たとえば、トイレ内の配線一つについても小さい心配りの設計の重要性を再認識しました。
posted by 東条設計 at 21:11| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする