2017年12月05日

小正醸造株式会社 嘉之助蒸溜所 落成式

意匠設計室の飯島です。

東シナ海を臨む、メローコヅルの里の隣に、新たにウイスキーがつくられる、嘉之助蒸溜所が完成しました。60年前に焼酎を樽で寝かせることでまろやかな味わいが生み出されるという画期的な発見がされ、メローコヅルの里ができたそうです。その歴史を経て、新たにウイスキーの蒸溜所ができました。

IMG_1989.JPG IMG_1833.JPG

嘉之助蒸溜所で落成式が執り行われ、小正社長より、嘉之助蒸溜所に対する熱い想いに溢れるご挨拶をいただきました。式典ではテープカットも行われ、華やかなオープニングセレモニーとなりました。

弊社会長も挨拶をさせていただきました。小正専務を中心とした建設プロジェクトチーム、また工事関係者のひとりひとりが、世界に通用するウイスキー蒸溜所になってほしいと想いを込めたからこそ、このような素晴らしい建物ができたと、話をさせていただきました。

夜には城山観光ホテルにて祝賀会が開かれ、弊社も会長、社長、担当スタッフ共々、ご招待いただき、喜びと期待に溢れた素晴らしいひと時を共有させていただきました。その中で感謝状までいただき、感無量でした。


IMG_1977.JPG IMG_2028.JPG


嘉之助蒸溜所には、雄大な東シナ海を一望できるスポットがあります。来年春にオープン予定とのことですので、皆様、乞うご期待です。


IMG_2004.JPG IMG_2009.JPG


後日、弊社スタッフの現場見学会も開催されました。嘉之助蒸溜所の枇榔所長にご案内いただき、ウイスキーづくりについてご説明いただきました。

この地でどのようなウイスキーができるのか、これから先がとても楽しみです。


IMG_2046.JPG IMG_1965.JPG


posted by 東条設計 at 21:32| 鹿児島 ☀| 落成式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

伊敷ひまわりモール 落成祝賀会

鹿児島市伊敷5丁目に工事中でした高齢者複合施設『伊敷ひまわりモール』
10か月の工期を終え、落成式が盛大に行われました。

発注者は社会福祉法人 中江報徳園。
犬迫町に鹿児島市第1号の特養をもつ。
複合施設となっている階別構成は以下の通り。
 1階  小規模多機能施設「ひ・と・ま・と・わ・と・り」
    交流サロン「なかへなか江」、食堂、管理事務室
 2階  グループホーム「サンシャインひまわり」
     9人×2ユニット
 3階  住宅型有料老人ホーム「知恩」
     33室34人対応( 個室32室  2人部屋1室)

施設一つ一つに想いをこめ、発注者側でロゴも決められました。
CIMG4927.jpgCIMG4933.jpg

落成式では、地元伊敷脇田地区の地つき同好会による踊りではじまり、
昔の建築着工前の地ならし「地つき」を披露。今では見られない光景に
出席者はまじまじと見入っていました。
CIMG4968.jpg

理事長挨拶で労いのお言葉を頂き、大変感銘致しました。
工事経過報告では、池田施設長から丁寧に説明して頂き、
土地取得から足掛け3年の月日を、早いながらも懐かしく感じました。
CIMG4980.jpgCIMG4987.jpg

有難いことに感謝状までいただき、弊社東條より感謝の謝辞の挨拶を
させていただきました。感無量です!
CIMG4991.jpgCIMG4996.jpg

法人の社是は『知恩報徳』。受けた恩を忘れることなく、
その徳に報いる精神がこの現場でも生きています。
副理事長からの提案で、工事関係者のメモリアル銘板を作製させて頂き、
入口に設置して頂きました。思わず記念のポーズ!
CIMG4931.jpgCIMG4932.jpg

これからも名に恥じぬ仕事を心がけて参ります(拝)

外観.jpg



posted by 東条設計 at 15:41| 鹿児島 ☀| 落成式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

奄美同仁会総合施設南風園 落成式


先日徳之島で設計監理をさせて頂いておりました社会福祉法人奄美同仁会様の落成式が
執り行われ、出席して参りました。
太鼓の演奏でスタート、総勢200名の盛大な落成式となりました。
余興2.jpg
開会前の太鼓の演奏。素晴らしかったです!

会場全景.jpg
会場の様子

理事長挨拶.jpg
宮上理事長先生のご挨拶

町長挨拶.jpg
徳之島町長のご挨拶

感謝状贈呈.jpg
宮上理事長先生より、設計監理者として感謝状も頂きました。本当に有難うございました。

余興1.jpg
様々な踊りや演奏等、余興も盛りだくさんでした!

地域包括ケア.jpg
スタッフの方より、今回の施設の役割と、地域包括ケアとしてグループ全体で取り組む旨のご説明がありました。

今回落成した建物はサービス付高齢者向け住宅、小規模多機能居宅介護、訪問介護事業所、居宅介護支援事業の4つの機能をもち、いずれも住宅系の用途になります。これまでの施設中心の医療・介護サービスも、今後は在宅中心に移行していくと言われ、本施設はまさに在宅支援の理想的な施設と言えます。
外観 西面2.jpg
施設外観

今回、数年前の介護老人保健施設サザンコートに続き、本当に有難いご縁を頂きましたこと、改めて感謝申し上げます。本当に有難うございました。
posted by 東条設計 at 11:28| 鹿児島 ☀| 落成式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする