2019年10月11日

鹿児島県4号上屋新築工事

こんにちは、構造設計室の東條浩明です。
 現在、城南町の離島行きフェリーターミナル横で昨年度に引き続き
鹿児島県の4号上屋の2期工事を監理しています。

 このたび躯体工事が終了しました。1期工事とほぼ同じ大きさで 
横幅59.5m奥行き35m高さ11.5mの大きさです。
35mのスパンを途中の柱をなくすため、あらかじめ張力を加えた
PC鋼線入りの梁で屋根を支えています。 
梁の大きさは幅1.2m高さ2.5mです。

01PCシース配管測定.jpg      
  PC管高さ測定      屋上階コンクリート打設完了
03PC梁 緊張立会.jpg   02PC柱緊張立会い.jpg
 PC梁緊張検査       PC柱緊張検査
05グラウト工事流下値試験.jpg        06グラウト工事立会.jpgP 
PC管内に注入する            柱へのグラウト注入確認       
無収縮コンクリート(グラウト)受入  
  KIMG0331.JPG   
 2020年1月完成に向けて、内装工事、設備工事が
本格的に始まります。
 朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が
続きます。工事に携わる方々の安全を祈念致します。


posted by 東条設計 at 19:59| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチ建築視察〜福岡〜 part 1

こんにちは、意匠設計室の倉岡です

先日研修で福岡に行く機会がありまして、そのタイミングを利用して

プチ建築視察旅行をしてきましたので、ブログでご紹介させていただきます!

2回に分けてお送りしようと思います!


第一弾となる今回、、、ご紹介するのはコチラ!

S__20094985_320.jpg

福岡弁護士会館!(ジャーン!!)

建築専門誌の代表「新建築」にも今年4月に掲載された

福岡に生まれた新たな名建築です!

「市民に開かれた弁護士会館」をコンセプトとし、

大きくでたボックス(多目的ホール)が印象的です。

そのボックス部分の持ち出し長さはなんと8.5m!!!

S__20094988_320.jpg

車体の長いセダンもすっぽり納まる長さです!


光沢のあるメタリックな外装材も目を引きますねェ

S__20094989_320.jpg

これは「博多織献上柄」という地元の伝統工芸品がデザインモチーフとなって

いるそうで、3種類の柄パターンで構成されています(らしいです!)

遠くで見たときと近くでみたときの印象が違って面白いですよね!


会館の方に撮影の許可をいただき、内部の写真も撮らせて

もらいました!(さすが、市民に開放された会館ですね!)

S__20094990_320.jpg

S__20094991_320.jpg

S__20094992_320.jpg

外のメタリックな外壁と対比するような左官の内壁

温かみを感じます

「外側はビシッ!と、内面は人間味あふれる」

そんな理想的な弁護士像を体現した建築なのかもしれませんね


意匠・構造どちらの視点からみても見所満載の建築でした! 

Part2もお楽しみに!



posted by 東条設計 at 00:00| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

We Love 天文館 一斉清掃2019秋

こんにちは意匠設計室の倉岡です

10/10「We Love 天文館」主催

天文館一斉清掃イベントがあり、

弊社から6名のスタッフが参加してきました!


毎度おなじみ「チェストー!」の掛け声でスタート!

S__20086801_320.jpg


普段意識しないで歩いているとあまり気づきませんが、

「まちをきれいにしよう」という視点でみると

道端の側溝や、ビルの隙間に

吸殻や空き缶などのゴミが見つかります、、、

S__20086802_320.jpg

ゴミを拾っていると通りのお店の方から

ありがとう!と感謝のお言葉をいただきました!


S__20086800_320.jpg

みんないい笑顔ですね!

S__20086799_320.jpg

↑弊社スタッフがテレビ局の取材を受ける様子


朝の清掃活動のおかげで、すがすがしい気持ちで一日のスタートを切ることができました!

S__20086797_320.jpg

↑清掃活動後記念撮影



posted by 東条設計 at 15:46| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

現場レポート 【鹿児島神宮祖霊殿】

いつも大変お世話になっております。
意匠設計室 野瀬です。

設計監理を行っております『鹿児島神宮 祖霊殿』現場の進捗状況についてご紹介させていただきます!
(上棟式の様子はこちらから→http://tojo-blog.seesaa.net/article/469183166.html

現在は11月末の完成に向け、内装工事を進み、外装工事が完了しました。
今回は、外部足場が外れましたので写真とともに見どころをご紹介させていただきます!

◆設計段階での外観イメージパース
 設計段階では、図面、CGを基にボリューム、形状、色等の検討を行います。

外観パース-2 190204.jpg 外観パース-1 190204.jpg

◆外観コンセプト
納骨するモダンな白壁とガラスから構成される箱を4面から鳥居をイメージした細い化粧柱で覆っています。
鳥居は納骨という空間から黄泉と現世の結界を表しています。

それでは、各アングルからの写真をご紹介いたします。

@前面道路から遠景にて

IMG_3593.jpg

A前面道路から近景にて

IMG_3594.jpg

B正面アングル

IMG_3592.jpg

C敷地中央から

IMG_3591.jpg

D前面道路から背面

IMG_3595.jpg

E東面アングル

IMG_3597.jpg

現在は前面に取りつく木造の下屋の製作に取り掛かっています。下屋の取り付けが完了すると、建物の表情がさらに変化します。


最後に2階納骨壇の内部空間です。納骨壇は高天井に3面全てがハイサイド窓になっている為、太陽の光が降り注ぐ神秘的な空間となっています。
IMG_3600.jpg


外部、内部とも形が見えてきました!
11月末の完成がとても楽しみです!!
また、ご紹介をしていきます。



posted by 東条設計 at 14:20| 鹿児島 ☀| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

学びの秋 ~東条設計の学び~

街角に秋の食材が並び、日ごとに涼しさを感じるようになってきました。
市内から少し離れた春山町に住んでいて、
朝夕はススキやコスモスで秋を満喫している総務室の弥栄です。

秋といえば、、、いろいろありますが、今回は「学びの秋」という事で
東条設計の取り組みをご紹介します!

東条設計は“学び”を大事にしています
建築・設計の事だけでなく “人としてどうあるべきか” を考え、
社訓にもあるように日々研鑽を積んでいます。

その自己研鑽の取り組みのひとつとして、
いろいろな本を社内で回覧しています。

わたしが最近読んだのは 
本2冊.jpg この2冊です。

たくさんの心に響くキーワードがあり、忘れてしまわないように
ノートにいくつかメモをしました


実は、わたしたちが読む前に、
弊社代表の東條も休日を使って読んでおり、
たくさんのオススメ本を紹介してくれます。
そしてこのように、ポイントにラインを引いてくれていたりします!!
本1.jpg
率先垂範。わたしたちも背中を見て学ばなければいけません。
  
  
少し涼しくなってきて勉強や読書もはかどる季節です。
わたしもまだまだ読みたい本がたくさんあるので、
時間を作って読みたいと思います。
(今月の自己目標の一つです「毎日本を読む!」)
そして、読みっぱなしではもったいないので、
少しでも多く日々に活かせるようにしていきたいと思います

posted by 東条設計 at 19:45| 鹿児島 ☔| 東条設計ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする